投資 積立

【これを理解】積立NISAで損をする絶対やってはいけないこと

積立NISAは過去のデータから見ても、高確率で資産が増える投資だと言えます。

 

ただし、それを実現するには絶対にやってはいけないことがあります。

 

今回2点に絞って紹介しますので、それを理解して積立NISAに臨むようにしましょう。

 

こんな方に読んでほしい

  • 積立NISAを始めようとしている
  • 積立NISAで損をしたくない
  • 積立NISAを始める前にリスクを理解したい

 

積立NISAで絶対にやってはいけないこと

以下の2点です。

  1. 途中でやめてしまう
  2. 相場の動きに左右されて購入額を変更する

 

途中でやめてしまう

積立NISAを利用していて最も損失を出すパターンとして多いのが、途中でやめてしまうことです。

 

途中でやめるにしても2パターンあり、

1.資産が増えたのでやめる

2.資産が減ったのでやめる

圧倒的に2の方が多いです。

 

投資をしていると10年に一度ぐらいは暴落の年が来ます。

 

下のグラフを見てください。

これは、日本と世界の株価指数の推移です。

 

私がおすすめしているeMAXIS Slim 全世界株式は『世界株』のグラフが対応します。

 

注目点としては2000年~2005年、または、2009年ごろに暴落の時期が来ているのが分かるかと思います。

 

多くの方はこの暴落に耐え切れず、それまでに購入した株式を売却し、やめてしまうのです。

 

しかし、その暴落はすべて数年後には元に戻っていて、右肩上がりの推移を続けているのが分かるかと思います。

 

つまり、どんな暴落が来ても耐えて保持していれば高確率で資産は増加するのです。

 

積立NISAは一度始めたのであれば、必ず最後まで続けることを意識しておきましょう。

相場の動きに左右されて購入額を変更する

これは、例えば『株価が下がりそうだから今月は積立金額を減らそう』とか『株価が上がりそうだから積立額を上げよう』とか、こういった行動をすることです。

 

もちろん、その行動が成功することもあるかもしれません。

 

ですが、基本的に株価の推移を予測するのは難しいのです。

 

投資の失敗は、この予測を失敗することで発生しているのは、ご存知の通りでしょう。

 

そんな失敗を避けるために積立投資という、低リスク低リターンの投資を私たちは実施しているわけです。

 

みすみす世の中で発生している失敗例に飛び込むことはないでしょう。

 

自分の生活に負担のない定額を毎月積み立てていく。これを続けることが大事なのです。

 

積立投資で失敗しないために

今回紹介した積立NISAで絶対やってはいけない2点。

 

これをしないためにはどうすればいいのでしょうか。

 

それは、生活に負担のない余剰資金で行うこと。この1点だと思います。

 

なくなってもいい資金で行っていれば、心が揺さぶれられることもなく、積立投資のルールを守ることができます。

 

投資の失敗はメンタルから来るものが多いです。

 

メンタルが揺さぶられることのない、余剰資金で行うようにしましょう。

 

こーびー
私は昔FXでメンタルがやられ、一気に100万円ほど失ったことがあります。メンタルは本当に大事です。

この記事も読んで欲しい!⇒楽天証券での積立NISAがお得な理由を説明します

-投資, 積立
-,

© 2022 インストニュース