便利ツール

【無料お試し】LINEでシフト管理?大手企業も使い始めるシフト管理ツール

従業員のシフト管理ってすごい工数がかかりますよね。

 

送られてきたシフトをExcelに打ち込んで、穴がないようにスケジューリングして…

 

それで終わってみたら、打ち間違えてたり、急に従業員から休みの要望が来て再調整…

 

今回はそんなシフト管理の工数を削減する『らくしふ』を紹介します。

 

今、もっとも伸びてきているシフト管理ツールです。

下記全てなくなります

  • 従業員一人一人に完成シフトを個別連絡している
  • 集めたシフトをExcelに手入力している
  • 完成シフトを毎回印刷して張り出している
  • ヘルプ要因を探すのに時間がかかっている

大手企業も使い始めたシフト管理ツール『らくしふ』

『らくしふ』は日本国民の90%以上が使用しているLINEを利用して、シフト管理ができるツールです。

 

その利便性は大手企業や経済産業省も認めており、有名どころで言うと、ピザハットが最近導入を決定しました。

 

その他、ほっかほっか亭やカラオケのBIGECHOなども利用しています。

 

また、経済産業省の『IT導入補助金2020』に認定もされ、要件を満たす中小企業、小規模事業者であれば国から補助金が出ることも決定しています。

⇒最大450万補助!シフト管理SaaSサービス「らくしふ」が経済産業省「IT導入補助金2020」対象に認定

 

世の中に認められつつあるツールであることは、間違いないでしょう。

 

そんな『らくしふ』についての詳細を解説していきます。

『らくしふ』ツールの概要

さきに述べたように、LINEを利用してシフト管理のできるツールです。

 

LINE@を利用してメニューから従業員はシフトの提出と確認ができます。

 

また従業員へのサポートもこの画面から利用可能で、10:00~22:00までチャットサポート体制が整っています。

『らくしふ』の機能

らくしふには多くの機能が搭載されていますが、その中でも私が良いと思った点をいくつか紹介します。

 

自動シフト入力機能

これはツールを使うのであれば、当たり前に欲しい機能ですよね。

 

LINEから収集したシフトを自動で管理システムに入力します。

 

打ち間違いや入力作業の工数が削減されます。

 

1ヵ月にシフト管理に16時間かかっていたものが1時間になったというデータもあるようです。実に94%削減ですね。

 

リマインド機能

らくしふには自動リマインド機能がついており、シフト未提出の従業員には通知が自動で届くようになっています。

 

 

シフトの催促ってめんどうだし、遅いと言葉遣いとかも荒くなったりして気を使いますよね。

 

自動で催促してくれるので、非常に良い機能だと感じました。

 

店舗連携によるヘルプ可動

多くの店舗を抱える企業であれば、店舗同士の連携も行われます。

 

その機能の一つにヘルプの募集機能があります。

 

もし自店舗だけでは、シフトに穴が空いてしまうのであれば、他店舗での余剰リソースを連携して動員することができます。

個別アカウントの交換が不要

これは、どちらかというと従業員へのメリットなのですが、LINE@で管理できるので個別アカウントの交換が不要です。

 

気にしない方が多いですが、中には仕事関係の人とプライベートのアカウントを交換するのはイヤだという人もいるので、いい点だと感じました。

 

『らくしふ』利用料金

らくしふのホームページにいくと、利用料金が全然見当たらなくてびっくりします。

 

資料請求をすることで利用料金の確認ができます。

利用料金は載せてくれてもいいのになと思いました。

 

利用料金について触れておくと、月額3,000円~となっています。

 

利用料金の詳細を載せていない意図をくみ取って、この記事では詳細表を載せるのは避けますが、最大で月額5,000円になります。

 

月額料金は『年間契約か月額契約か』『導入店舗数は多いか』で変わります。

 

もちろん年間契約のほうが安く、導入店舗数が多いほど安くなります。

 

無料トライアルと資料請求から

ここまで読んでくださった方は、まず資料請求をしてみましょう。

 

電話番号を入れる必要があるので、少しためらいますが、特になにもありません。

 

資料請求をすると、入力したメールアドレスに資料のURLが届きます。

 

その後、LINEの友達追加から無料トライアルが開始できます。

 

 

こういったツールは、使ってみないと価値のあるものか分からない。というのが現実だと思いますので、無料トライアルがあるのはうれしいですね。

 

 

⇒無料の『らくしふ』資料請求はこちらから

 

こーびー
たぶん今後利用する企業が増えるんじゃないかな

-便利ツール
-

© 2022 インストニュース