YouTube

よく使うYouTubeアプリの便利機能を3つ紹介

日常の隙間時間を埋めてくれるYouTube

 

寝る前などスマホのYouTubeアプリを開いて、お気に入りのチャンネルの更新動画を閲覧・・・

 

こんな日常が定着しています。こーびーです!

 

今日はそんな毎日つかうYouTubeアプリのよく使う機能を紹介したいなと思います。

 

皆さんもご存知の機能かもしれませんが、知らないと損をする機能を厳選してますので、ぜひ読んでいってください。

 

10秒早送り機能 使用頻度★★★★★

一番使う機能はこれ!早送り機能

 

早送りしたいときありますよね。だらだらと話してるだけのシーンとか一回見たシーンとかリプレイシーンとか。

 

実は下記画像の赤枠のように、画面の右側をダブルタップすると10秒だけの早送りができます。

4連続タップすると20秒、6連続タップすると30秒というふうにも早送りできます。

 

めっちゃ便利な機能なので使っていきましょう!

 

早送りの秒数を変更できる

ダブルタップで10秒早送り機能はご存知の方も多いと思いますが、この10秒という秒数を変更できるのはご存知でしょうか。

 

YouTubeアプリのホームに戻って

1.画面右上のアカウントアイコンをタップ

2.設定を選択

3.スキップ送り/戻しを選択

 

 

これで早送り秒数を変更することが可能です。

 

個人的には5秒にするのはありかなと思ってます。10秒だと飛びすぎてしまうことが多いので。

 

画質変更機能 使用頻度★★★

YouTubeの画質はデフォルトでは、通信速度の環境に応じて変わっていくようになっています。

 

通信速度が遅ければ低画質、速ければ高画質になります。

 

これを明示的に変更することが可能です。

 

動画を再生して、画面右上のメニュー(点が3つ縦に並んだマーク)を開きましょう。

 

すると、下画像のようにメニューが出てきます。

一番上の『画質』の項目がそれにあたり、『自動設定』となっているのが通常の状態です。

 

動画が重くて止まってしまったりするときなど、明示的に低画質にしてみたいので利用している機能です。

 

再生速度変更機能 使用頻度★

先ほどの画質の時と同様にメニューを開いて、再生速度の変更をすることが可能です。

0.25倍~2倍速まで変更できます。

 

私が使うのは1.25倍までです。それ以上だと内容が分からなくなるので笑

 

見たい動画が多い時などに重宝する機能です。

 

他にもあるけど、よく使うのは上記3つ

ここまで紹介した3つの機能が使用頻度の高い機能です。

 

ご存知の方も多かったかもしれませんが、「知らなかった!」という方に見ていただければ幸いです。

 

本記事は以上です。ありがとうございました。

-YouTube
-,

© 2022 インストニュース